HOME マウスガード 質問 スポーツ選手 歯科医院
A 違いは大きく分けて2つです

1つは、
適合性(フィット感)です。
市販されているマウスガードは、もともと馬蹄型をしているものをお湯で温めて、自分の歯列に押し付けて合わせます。
人間の歯の大きさや歯並びは、百人百様で同じ人は絶対に居ません。
それを一つの大きさのマウスガードで合わせようとする事自体に無理がありますし、当然フィット感はありません。フィットの悪いマウスガードは、トレーニング中あるいは、ゲーム中に外れやすく、それだけで集中力が逸れてしまいます。声を出すと外れてしまうので、ゲーム中のコンタクトがスムーズにいきません。

もう1つは、
噛み合わせの高さです。
人間は普段何の意識もせずに咬むという行動をしています。食事はもちろんの事、運動時から考え事をしている時の様な通常の生活時まで、知らず知らずに歯を食いしばるという行動をしています。
この食いしばる時の上下の歯のかみ合わせの位置(高さ・顎の位置)がパワーの上がる高さや、バランスの上がる位置など、個人によって全く違うので測定して、カスタムマウスガードに付与し、スキルアップを測ります。
市販のマウスガードでは、噛み合わせの高さを調整する事などはできません。
それどころか、下の歯並びに合っていないので、安定してかみ込む事が出来ずに怪我の予防・スキルアップどころか、顎関節症を引き起こす危険性が高いのです。

HOMEマウスガードQ&Aアスリートお問い合わせ歯科医院スポーツマウスガード論アロマブログFUSION紹介LINK
Copyright (C) 2006 FUSION. All rights reserved.