HOME マウスガード ご質問 スポーツ選手 歯科医院
A マウスガードを装着していない時と比較すると、呼吸は苦しいです。

マウスガードの装着によって、口腔内面積が減る分、酸素の流入量は減る事によるものです。

ですから、日々のトレーニング時からの装着を守ってもらっています。
酸素の流入量が減っている状態で、普段からトレーニングをしていると、心配機能が向上します。少ない酸素量で筋肉を動かす事を身体が学習し、進化するのです。

個人差はありますが、一般レベルで肉体が改造されるのに必要な期間は、2〜3ヵ月です。
この期間を過ぎると、苦しく無くなります。

HOMEマウスガードQ&Aアスリートお問い合わせ歯科医院スポーツマウスガード論アロマブログFUSION紹介LINK
Copyright (C) 2006 FUSION. All rights reserved.